2008年01月22日

ウエディングドレスの試着は一人で行かないこと!

ウエディングドレス試着は自分ひとりでは行かず、できれば母親や姉妹、友人など、客観的な意見を言ってくれる女性と行った方がいいでしょう。男性だと見方が違うし、客観的に意見を言ってくれない場合もありますよね。何を着てもキレイに見えちゃうかも知れませんし(笑)
また式場以外でウェディングドレスを手配する場合、式場のイメージを伝えることも大事ですね。写真などがあるとわかりやすいかもしれません。カメラの持参ですが、場合によっては写真を撮らせてくれない場合もあるので注意しましょう。
また試着の際に、同時に小物も身につけてみたほうがいいでしょう。
まだ決まっていない場合は、イメージしているものを持参してみた方がいいかもしれませんね。
さらにウェディングドレスを着たら、歩いたり、座ったり、お辞儀をしたり、うでをあげたり、と、色々な動きをして見ましょう。下着が見えたり、窮屈だったり、するのを避けなければいけません。
ウエディングドレスを決定するまでは何度も試着を繰り返して、本当に気に入ったもの、似合うものを探しましょう!
posted by ゆう at 23:00 | TrackBack(0) | ウエディングドレス 試着 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。